書斎

男性ばかりでなく、仕事を持つ女性にとっても、書斎は憧れの場所でしょう。仕事に追われた時間の後で、自分だけのリラックス空間は、心を生き返らせます。限られたスペースで書斎を設けるのは難しいですが、工夫してみましょう。

書斎の使い方としては、本を読む、パソコンをする、趣味の時間を楽しむなどです。何がしたいのか、何を置きたいのかを考えて、スペースを決めます。

書斎スペースを設ける場合、寝室やリビングなど部屋の一角に設けるオープン型か、単独で部屋を造る独立型にするのかをまず決めましょう。オープン型の場合、階段下のちょっとしたスペースや、廊下の突き当たり、キッチンやパントリーの一角なども利用できます。独立型でも大きなスペースは必要なく、2畳ほどでも立派な書斎ができます。

趣味や置きたい物に合わせて、棚の奥行きや扉を付けるかを考えましょう。ディスプレイをしたいのであれば、奥行きが浅くガラスの扉を付けると良いでしょう。小さくて細々とした物が多い趣味ならば、深さがない浅めの引き出しがあると良いでしょう。本は置きたいけれど、他に置きたい物がまだ定まっていないなら、奥行き40cmくらいの棚にします。小さな空間なので、物が散乱しては足の踏み場がなくなります。壁面を利用した棚を造りましょう。

狭い空間なので、デスクの前に窓をつけ視界を広げる、天井を高くして縦の広がりを意識させる、棚を下までつけないで空間の広がりを感じさせる、天井にダウンライトを仕込んで机を広く使うなどと工夫すれば、圧迫感もなく、リラックスできる空間が作れます。

寝室に書斎スペース

主人が住宅に希望したのが、書斎スペースです。書斎スペースは男性が憧れる空間でもあり、仕事に集中したり、自分の時間を大切にできる場所です。スペースに余裕があれば個室の書斎スペースを希望していたのですが、個室ではなく広さに余裕のあった寝室の失格に書斎スペースを設けました。

寝室に設けることで、主人が一人で書斎室にこもって顔を見せないというような状況を回避することもできています。子ども達がまだ小さいため寝室で家族みんなで寝ています。私が子ども達を寝かせつけている時に主人は書斎スペースで仕事をしたり、趣味の漫画を読んだり、パソコンを見たりしています。

寝室で過ごす家族との一体感を得ながらも、個人の時間を大事にできるように、寝室と書斎スペースの境には程よい高さで区切った腰壁を設けました。これで互いの気になる視線を緩やかにカットできていますし、天井まで壁を設けているのとは違い、閉鎖的な印象にならず明るさの確保や空間の繋がりを大切にすることができています。この壁を利用して壁面収納を設けました。漫画や書類、アルバムやパソコン関連用品、私のスキンケアグッツなどもここの壁面収納を利用して整理することができています。カウンターも造り付けられており、作業する際には便利です。

空間のメリハリをより大切にするために寝室より一段高さを設けてスキップフロアにしました。書斎スペース部分は建具で仕切らず床に高低差をつけることでメリハリを出しています。主人が使用しない時は私がお肌のケアを行ったり、趣味のネットショッピングをすることもあります。寝室で過ごす時間が増え、家族との時間のみならず個人の時間も大切にできています。

リビングの快適性を高めるために

リビングは家族が長時間共に過ごす場所です。長時間過ごすのでテレビを見て過ごす人もいれば、ソファで横になる人もいます。スタディーコーナーで勉強をする子どもやおもちゃで遊ぶ子どももいます。ママが洗濯物をたたんだり、アイロンがけをすることもあります。同じ空間でいろいろなことをして過ごすことで本来の「くつろぐ」という空間からかけ離れてしまいがちです。

くつろいでいる人の横におもちゃが散らかっていると快適性を欠きますし、子どもが遊んでいる横でアイロンがけをすると危ないですし、子どもに邪魔をされスムーズに家事を進めにくくもなります。そこでリビングにスキップフロアを設けて、くつろぎスペースと作業を行ったり子どもが遊ぶスペースを分けることで、リビングの快適性が高められると思います。

リビングにおもちゃが散らかっているとつい大人は子どもを叱ってしまいます。子どもは思い切り遊ぶことができなくなってしまうのです。そこでスキップフロアをキッズスペースとして利用すれば、子ども達は思い切りおもちゃを広げて遊ぶことができますし、くつろいでいる人の横におもちゃが散らかりにくくなります。

子ども達がスキップフロアを使用しない時は、ママの家事スペースとして洗濯物をたたんだり、アイロンがけをしたりママが利用するのです。子ども達に邪魔されることなくスムーズに家事が進められますし、リビングで過ごす子ども達の様子をしっかりと把握できるので安心して家事が進められるのです。

リビングとスキップフロアの境には程よい高さで区切った壁を設け空間の繋がりを損なわないようにしておくのもポイントです。カウンター造り付けておけば、家事を行う作業スペースとしても子ども達が勉強する際も便利です。リビングの快適性を高めるためにくつろぎスペースと作業スペースを分けて利用するのもいいのではないでしょうか。

夫婦で意見が分かれたこと

注文住宅で家を建てた我が家は、決めなくてはいけないことも多く夫婦で意見が分かれることも多かったです。中でも最後まで悩んだことが、二階にトイレを設けるかどうかということです。今まで住んでいた賃貸住宅の二階にもトイレはありませんでしたし、私の実家の二階にもトイレはありませんでした。私は、二階にトイレのない生活に慣れていたこともあり二階のトイレの必要性をあまり感じていませんでした。

子ども達も小さく一階と二階で過ごす時間を比較すると一階で過ごす時間が長いため、二階にトイレを設けても利用する機会が少ないのです。二階にトイレを設けることで設置費用やランニングコスト、お掃除の手間が二倍になるので私は消極的な考えでした。

しかし、主人は自分達が高齢になった時や宿泊者がいる時には二階にもトイレがあった方が便利ということで設けることに積極的でした。しかし、高齢になるには数十年先ですし、宿泊者は年に1、2度のことです。便利さが高まることは理解できるのですが、コストとお掃除の手間を考えるとどうしても即決できませんでした。

そこで業者の人から二階にトイレのスペースを確保し、給排水工事まで行っておき、必要性の低い現在は二階の物置部屋として利用し、必要性が高まった時にすぐにトイレを設置できるように環境を整えておくのはどうかと提案されました。我々夫婦はそれだ!と思いこのようなスタイルを取り入れました。二階で子どもが過ごす時間が増え、我々夫婦も歳を取り、二階にトイレがあった方が便利さを感じるようになった時に設置しようと思っています。便利さだけを追求するのではなく、総合的考え「今」に合った家造りをしたいものです。

ママのワークスペース

家事や育児に奮闘するママにとってホッと安らげるスペースがあると嬉しいものです。また、家事は立って行うばかりではなく家計簿をつけたり、裁縫をしたり、子ども達のスケジュールを管理したりと座って作業することも多いのです。休憩スペースとして作業スペースとしても重宝するママの居場所を設けてみてはいかがでしょうか。

我が家はキッチン横にこのスペースを設けました。キッチンは家事の中心的スペースであり、そのキッチンの横にママの居場所を設けることで家事の合間の時間を有効利用しやすくなります。リビングとの境には腰壁を設け、この腰壁にカウンターを造り付けました。腰壁から天井まではオープンシェルフを設け、リビングからの視線を緩やかにカットできるようにしました。オープン棚を設け、見せる収納を取り入れることでインテリア性に配慮しながらもワークスペースで必要なものを収納しておくことができています。

また、ワークスペースで作業をしながらもリビングで遊ぶ子ども達の様子が把握できるのも親としては安心できます。カウンターの下にも可動オープン棚を設け、ノートパソコンやプリンター、書類などを片付けられているので、カウンターの上は使わない時はスッキリとものを片付けられるのです。キッチンで煮込み料理をしている時間を利用してパソコンを使用したり、夕飯の支度をしながら私の作業スペースで子どもが勉強したり、時間を有効的に利用できるだけでなく、子どものスタディーコーナーとしても利用できるため今ではなくてはならないスペースとなっています。自分の居場所があることでマイホームの居心地が高まり、家事や育児への原動力にも繋がるのです。

二階にファミリースペース

我が家は階段を上がった先に家族で集えるファミリースペースを設けました。このファミリースペースは、一階のリビングとは違った家族の時間が流れ、住まいの楽しみ方の幅が広がっています。6帖ほどの広さのあるファミリースペースは、昼間はキッズスペースとして遊ぶスペースとして利用しています。リビングに並べていた子ども達のおもちゃをこのファミリースペースの壁面収納に収納しています。リビングがスッキリするだけでなく、リビングにおもちゃが散らかりにくくなり居心地の良さが増しています。

壁面収納と反対側の壁にはカウンターを造りつけています。横幅があるだけでなく奥行のあるカウンターは、子ども達のスタディーコーナーとして利用する予定です。主人が書斎スペースとして利用することもあります。ここでスマホの充電やパソコンを使用することを配慮して配線計画もしっかり行っています。壁面収納には子ども達のおもちゃや絵本、勉強をし始めたら教材を収納できるようにしています。他には仕事の書類やパソコン関連用品などしっかりとものを整理できるので助かっています。収納力だけでなくインテリア性にも配慮しています。部分的には家族写真を飾ったり、季節の雑貨を並べたりしているのです。

夜は寝る前の時間を家族みんなで過ごしています。親子で絵本を読んだり、トランプやゲームをして家族のコミュニケーションを一層深められています。一階のリビングではそれぞれ別々のことをして過ごすことが多いのですが、広さに限りのあるファミリースペースでは、家族みんなで同じことをして過ごすため家族の繋がりをより深められるスペースとなっているのです。二階のホールを無駄にせず多目的に利用してみてはいかがでしょうか。

愛犬のための家造り

住まいは家族が集い、くつろぐ空間であることは言うまでもありませんが、家族同然のペットにとっても、そうであってほしいものです。住まいを新築する時、人間とペットがうまく共生していくことができるような住まいを考えていくことで、よりゆったりとくつろぐことができます。

例えば、床材です。人間にも何でもなくとも、ペットにとっては、滑りやすく、足の骨などに悪い影響が出てしまいます。反対に、ペットの臭いや毛などは、人間は不快に感じることもありますし、アレルギーを引き起こしかねません。

私の友人が住まいを新築した時、家族だけでなく、愛犬の住みやすい環境を整えたいと思いました。そのため、愛犬と家族が過ごすことが多いLDKは24時間換気システムを採用しました。また、LDKに隣接する土間部分に、愛犬の居場所を作りましたが、センサー付きの換気扇を付けることにしました。住まいの間取りを決める段階で、愛犬の居場所やトイレの位置なども決めましたので、換気扇についての電気配線もきちんとすることができました。

一般的には、住まいができた後で、愛犬の居場所を考えることも多く、どうしても、換気扇などの電気配線がうまくいかなくなってしまいます。また、土間部分から段差なく出ることができるウッドデッキに、ペット用のシンクと屋外用のコンセントを設置してもらいました。散歩後のペットの足を洗ったり、体を洗ったりすることもできますし、ドライヤーで乾かすこともできます。

人間だけの生活でも、電気は欠かせないものとなっていますが、ペットと快適に共生していくためにも、電気は欠かせないものになっています。住まいを新築する時、ペットを飼うことが決まっていたら、人間の居住空間の間取りだけでなく、ペットの居場所やトイレについても、考えておくことで、電気配線もよりスムーズに行きます。

リビング収納

家族が長時間過ごすリビングには自然と物が集まってきてしまうものです。よく見かける光景は、外出先で着ていた上着が脱ぎっぱなしの状態でいつまでもソファの上に置かれていたり、子ども達が帰宅すると幼稚園カバンや帽子、ランドセルなどがリビングの床に置きっぱなしになっていることです。また、おもちゃが広がっており足の踏み場もない状態の時もあるものです。しかしリビングは本来家族みんなでくつろぐ場所です。どの空間よりも居心地がよく、快適性の高い空間でありたいものです。

物が散らかっていると居心地の良さも快適性も損なわれてしまいます。そこでリビング収納を充実させるといいと思いませんか。我が家はこのリビング収納に注目しました。リビングの背面に収納庫を配置し、室内から見えない収納スペースを作ったのです。見せたくない日用品や掃除機など大きさのあるものまでスッキリと片付けることのできるリビング収納は重宝しています。

壁一面に作りつけの可動棚を設けています。この一部はコートクロークにして、大人用と子ども用の上着を一時置きできるスペースを設けています。これでソファの上に脱ぎっぱなしの上着をきちんと整理できるのです。ランドセルや幼稚園グッツもきちんと棚に整理でき、おもちゃも子ども達の手の届く場所できちんと管理することで、おもちゃの片付けもスムーズに行うようになりました。急な来客時でも散らかっている物をサッと収納しておくことができるリビング収納があると助かるのです。長時間過ごすリビングだからこそ収納を充実させておきましょう。

横一直線の家事動線

専業主婦である私が家造りで重視したのが、家事動線です。家事の中心となる空間はキッチンです。主婦の多くが、一日の大半をキッチンで過ごすと言っても過言ではありません。そのキッチンからの動線を意識しました。まず一日三度ある食事の支度です。それは、キッチンとダイニングの動線に配慮する必要があります。そこで我が家は対面式キッチンの真横にダイニングを設けました。真横にダイニングを設けたことで、配膳がしやすくなりましたり、食後の片付けも楽になりました。それは動線が短く、横移動で移動がしやすいからです。

キッチンの目の前にダイニングを設置する家庭も多いですが、配膳の度にキッチンへ回り込まなければいけません。キッチンの真横にダイニングがあることで、家族にとってもキッチンという存在がより身近に感じられるようになったようです。積極的に子ども達がお手伝いしてくれるようになりました。食事の前にはキッチンから箸を取り出し並べたり、食後はお皿を下げてくれます。キッチンで料理をしている私の横に来て、お手伝いしたい!という機会も増えました。ダイニングテーブルを作業スペースとして親子でクッキングできるのも便利です。

そのキッチンと行き来を頻回にするのは洗面室です。この洗面室においても、ダイニングとは反対側のキッチンの真横に設けました。キッチンで炊事をしながら、洗面室で洗濯をしたり、入浴の事前準備をしたり同時に2種類の家事を行うことも多い二つの空間だけに、動線が短いと家事の効率が一気に高まりました。洗面室・キッチン・ダイニングが横一直線に並び、家事動線がコンパクトで家事がしやすい家となっています。

玄関を美しく保つには

玄関は住宅の顔とも言われる部分です。それだけにいつもきれいで明るい空間を保ちたいものです。しかし現実には、家族が帰宅すると玄関に靴が脱ぎっぱなしになり、外で使用したボールやおもちゃなどが玄関に置きっぱなしになっていることも多いです。また三輪車やベビーカーなど大きさのあるものも玄関ポーチに置いたままになっているという家庭も多いのではないでしょうか。

玄関に靴や物があると狭く、圧迫感を感じてしまいますし、見た目の印象もいいものではありません。玄関にこれらのものが散らからないように最近では玄関横にシューズクロークが設けられることが多いです。シューズクロークと言っても靴や傘を収納しておくだけでなく、スポーツ用品や洗車用品、子どものおもちゃや大きさのある三輪車やベビーカーまでスッポリと収納できる広々としたシューズクローク人気となっているのです。土間収納スペースがあることで、外で使用して汚れているものでもそのまま片づけられるので、玄関やポーチに物が散らかることを避けられるのです。

そしてこのシューズクロークにコートクロークを設ける家庭も少なくないのです。コートクロークがあればレインコートを濡れたままでも干しておくことができますし、冬時期はいつも着用する上着を一時置きしておくことができるので、脱ぎっぱなしの上着がリビングにいつまでも散らかる状況を避けられます。外出時もわざわざ二階のクローゼットまで取りに行く手間が省けるのでスムーズに外出できます。玄関の快適性を保つにはまずはシューズクロークの収納力が大事なのです。